次回展覧会のご紹介

展覧会名

漆 うるわし

会期

2022年3月15日(火)- 5月29日(日)

休館日

祝日を除く月曜日

入館料

大人1,000(900)円、小中学生400(350)円
( )内は団体20名様以上の料金

概要

この度は、サンリツ服部美術館のコレクションのなかから、日本で作られた漆芸品の魅力をご紹介いたします。
 耐久性・接着性に優れた漆は、約9,000年前の縄文時代から塗料として人々の生活を支えてきました。また、柔らかく艶やかな黒や赤の肌を生み出すことができるため塗料として重宝されています。日本では大陸の影響を受けながら、色漆で文様を描く漆絵や金銀の粉を蒔きつける蒔絵、文様を彫った上から漆を塗る木彫彩漆といった装飾技法も発達し、建物・家具・食器などあらゆるものに使用され、長い間日本の生活文化を豊かに彩ってきました。
 優美な意匠の蒔絵の調度品や、深みのある赤色の肌と精緻な彫刻が見どころの近代の鎌倉彫の作品などを通して、多彩な表現で多くの人々を魅了する漆芸品の世界に触れて頂く機会となりましたら幸いです。

主な出品作品

・「余三」銘「紹鷗黒大棗」 室町時代 16世紀
・「根来四方盆」 室町時代 15-16世紀
・満田道志「真塗炉縁」 江戸時代 17世紀
・重要美術品 「文字蒔絵硯箱」 室町時代 15世紀
・「秋野蒔絵手箱」 室町時代 15-16世紀
・「枝垂桜中次」 桃山-江戸時代 16-17世紀
・伝山本春正「蜘蛛巣蒔絵硯箱」 江戸時代 17世紀
・「牡丹中次」 桃山時代 16世紀
・三橋鎌岳 「檜図硯箱」 明治45年(1912)

音声ガイド

サンリツ服部美術館では、お手持ちのスマートフォンで聞くことができる音声ガイドをご用意しております。
ご利用は無料ですが、展示室ではイヤホンの装着をお願いしておりますので、お持ちくださいませ。なお、ショップでイヤホンの販売もしておりますが、機種によっては合わないものもございますのでご了承くださいませ。

感染症対策

状況により、事前の予告なく開館時間の短縮や臨時休館をする場合がございます。開館状況は当館ホームページにてご確認下さいませ。


当館では感染症拡大防止のため、下記の対策を行っております。
・職員のマスク着用、手洗い、検温
・消毒用アルコールの設置
・各レジ前に飛散防止シールドの設置
・館内の定期的な消毒


来館されるお客様には以下の点にご協力、ご留意をお願いいたします。
・マスクの着用、咳エチケットにご協力ください。
・手洗い、手指の消毒をお願いいたします。
・ご観覧の際、他のお客様と適切な距離を保つようお願いいたします。
・展示ケース、壁には触らないようお願いします。
・ご入館の際代表者の方のご連絡先の記入にご協力ください。
・団体31名様以上でのご来館はお断りいたします。ご了承ください。