展覧会のご紹介

展覧会名

生誕90周年記念 服部一郎コレクション名品展

会期

2022年6月13日(月)-9月11日(日)

休館日

祝日を除く月曜日(ただし、6月13日月は開館、8月は無休)

入館料

大人1,000(900)円、小中学生400(350)円
( )内は団体20名様以上の料金

概要

 サンリツ服部美術館では、1995年の開館以来、服部一郎(1932~1987)が蒐集した近現代の絵画を服部一郎記念室でご紹介して参りました。この度は生誕90周年を記念し、コレクションの名品を過去最大の規模でご紹介いたします。
 服部時計店創業者・服部金太郎を祖父に持つ一郎は、東京大学法学部卒業後にスイス、アメリカへの留学を経験し、その後も国際経済活動に諸外国を飛び回る多忙な生活を送りました。国際派の経営者として活躍していましたが、55歳という若さで急逝。実直で人望が厚かった彼の早すぎる他界は多くの方から惜しまれました。
 当館の近現代絵画コレクションは、諸外国を飛び回る忙しい日々の合間を縫って日本やフランス、アメリカなどで求めたものです。19世紀末から20世紀の作品が大半を占めており、親しみやすい画題と温かみのある色彩が多いその作品群からは、情に厚く、生きる喜びを大切にした人柄が偲ばれます。
 本展覧会では、当館のコレクションから50余の名品を精選し、画家同士の交流やつながりに触れつつご紹介いたします。服部一郎がこよなく愛した魅力あふれる作品との出会いを、お楽しみいただけましたら幸いでございます。

主な出品作品

出品リスト https://d.kuku.lu/b98efa737
※お手数お掛けいたしますが、上記のURLをアドレスバーに入力してください。
 URLをクリックしてもご覧いただけません。
・ピエール=オーギュスト・ルノワール《女の肖像》
・オディロン・ルドン《二つの林檎》
・木村忠太《丘》 ※初出品
・アルベール・マルケ 《サン・ジャン・ド・リュスの落日》
・ジュルジュ・ルオー 《キリスト》
・ラウル・デュフィ 《チェロ奏者たち》
・パブロ・ピカソ 《座る女》
・サルバドール・ダリ 《ペガサス》
・マルク・シャガール 《世界の朝》
・モイーズ・キスリング 《草の上に座る少女》
・藤田嗣治 《冬のモンマルトル》
・マリー・ローランサン 《チューリップのある静物》
・ベルナール・ビュフェ 《振り子時計》
・織田廣喜 《銀座服部時計店》
・コンスタンタン・テレスコビッチ 《キャップ・マルタンの画家の庭》

音声ガイド

本展では、お手持ちのスマートフォンまたはタブレットで音声ガイドを聴くことができます。
展覧会担当学芸員がナビゲーターを務め、服部一郎が愛した作品の見どころをわかりやすく解説いたします。

◇音声ガイド詳細
【作品点数】 20点(1点約2分)
【言  語】 日本語
【利 用 料】 無料

◇無料Wi-Fi
館内では、無料無線LAN(Wi-Fi)をご利用いただけます。

◇注意事項
・ご利用の際は、周囲に音が漏れないようイヤホンを装着してください。
 イヤホンはミュージムショップでも販売しています。(スマートフォン・タブレットの機種によっては、ご利用いただけない場合がございます。)
・音声ガイド機の貸出サービスは行っておりません。

感染症対策


状況により、事前の予告なく開館時間の短縮や臨時休館をする場合がございます。開館状況は当館ホームページにてご確認下さいませ。


当館では感染症拡大防止のため、下記の対策を行っております。
・職員のマスク着用、手洗い、検温
・消毒用アルコールの設置
・各レジ前に飛散防止シールドの設置
・館内の定期的な消毒


来館されるお客様には以下の点にご協力、ご留意をお願いいたします。
・マスクの着用、咳エチケットにご協力ください。
・手洗い、手指の消毒をお願いいたします。
・ご観覧の際、他のお客様と適切な距離を保つようお願いいたします。
・展示ケース、壁には触らないようお願いします。
・ご入館の際代表者の方のご連絡先の記入にご協力ください。
・団体31名様以上でのご来館はお断りいたします。ご了承ください。