展覧会のご紹介

展覧会名

服部一郎生誕90周年記念 名物 記録と鑑賞

会期

2022年9月16日(金)-12月4日(日)
前期:9月16日(金)-10月25日(火)
後期:10月27日(木)-12月4日(日)

入館料

大人1,200(1,100)円、小中学生400(350)円
( )内は団体20名様以上の場合

概要

 抹茶を点てるための茶道具は美的価値や伝来などが重視され、大切に伝えられてきたものが数多くあります。特に由緒ある優れた茶道具は名物と呼ばれ、なかには一国一城に匹敵するほどの高い評価を受けたものもありました。
 このような貴重な茶道具に並々ならぬ関心をもっていた茶人は多く、図や寸法、付属品、所蔵者など詳細な情報が記された名物記が数多くつくられています。現在では、人から人へと移動することが多い道具の伝来や、道具に対する価値観の変化、失われてしまった道具の姿を知ることができる史料として、茶道史研究には欠かせない存在でもあります。
 この度、サンリツ服部美術館では、名物記の変遷をたどりながら茶道具の名品をご紹介いたします。また、本展では近年収蔵いたしました茶道具も初公開いたします。茶人たちが憧れた名物の世界とともに、当館に新たに加わりました魅力あふれる茶道具の数々をぜひご堪能ください。

主な出品作品

・国宝 本阿弥光悦作「白楽茶碗 銘 不二山」 江戸時代 17世紀
・重要美術品 「唐物茄子茶入 銘 紹鷗茄子」 中国・南宋時代 13世紀
・重要美術品 「唐物肩衝茶入 銘 筑紫」 中国・南宋時代 13世紀
・「瀬戸茶入 銘 玉柏(本歌)」 江戸時代 17世紀 ※初公開
・小堀遠州 「竹二重切花入 銘 女郎花」 江戸時代 17世紀
・「堅手茶碗 銘 大坂」 朝鮮半島・朝鮮王朝時代 17世紀
・長次郎 「黒楽茶碗 銘 雁取」 桃山時代 17世紀
・「薩摩茶碗 銘 径山寺」 江戸時代 19世紀(後期のみ出品) ※初公開

音声ガイド

サンリツ服部美術館では、お手持ちのスマートフォンで聞くことができる音声ガイドをご用意しております。
ご利用は無料ですが、展示室ではイヤホンの装着をお願いしておりますので、お持ちくださいませ。なお、ショップでイヤホンの販売もしておりますが、機種によっては合わないものもございますのでご了承くださいませ。

感染症対策

状況により、事前の予告なく開館時間の短縮や臨時休館をする場合がございます。開館状況は当館ホームページにてご確認下さいませ。


当館では感染症拡大防止のため、下記の対策を行っております。
・職員のマスク着用、手洗い、検温
・消毒用アルコールの設置
・各レジ前に飛散防止シールドの設置
・館内の定期的な消毒


来館されるお客様には以下の点にご協力、ご留意をお願いいたします。
・マスクの着用、咳エチケットにご協力ください。
・手洗い、手指の消毒をお願いいたします。
・ご観覧の際、他のお客様と適切な距離を保つようお願いいたします。
・展示ケース、壁には触らないようお願いします。
・ご入館の際代表者の方のご連絡先の記入にご協力ください。
・団体31名様以上でのご来館はお断りいたします。ご了承ください。

出品作品より

初出品「瀬戸茶入 銘 玉柏(本歌)」

本阿弥光悦「赤楽茶碗 銘 障子」

初公開 「薩摩茶碗 銘 径山寺」

小堀遠州 「竹二重切花入 銘 女郎花」